【初めての接客】新人であることは「強み」

初めての接客アルバイト、不安ですよね……。

目の回るような忙しさ、店内でのトラブル、はたまた初日からクレーム対応に出くわすかも……

しかし恐れる必要はありません。どんなにデキるベテランでも、スタートラインはみんな同じ。一緒にはたらく人たちも、お客さんもそれはわかっています。

まずは全力でぶつかってみましょう。あなたのやる気が周囲に伝われば、多くの人たちがあなたの味方になってくれます。

聞くは一時の恥、聞かぬは……

「なにも知らない」はときに強い武器になります。

たとえアルバイトでも、採用され、働くからには「接客のプロ」としての責任がある?

最初はそんなこと気にしないでいいんです。わからないことはなんでも聞いてしまいましょう。

「そんなこともわからないのか!」とつい言ってしまう上司も、「そんなこと」がわからないときがあったのですから。メモをとるなりして、次から間違えなければいいことです。

「質問力」「やる気」。これが新人に与えられた武器です。

新人のうちは、「自分が新人である」ことをお客さんに言ってもいいと思います。

新人だから優しくしてくれるお客さんもいれば、たまに意地悪してくる人もいます。どちらにせよ、「一生懸命やる」。これができれば問題ありません。

その懸命さがお客さんに評価され、ときに思わぬ売上をもたらすこともあります。

ベテランになってくるとどうしても「慣れ」てきます。「一生懸命」からだんだん遠ざかっていくんです。

これから接客に挑戦する方は、まず「やる気」、そして「質問力」、最初はこのふたつを意識しましょう。

「人への興味」が接客の出発点

「接客」を頭では理解していても、リアルの接客シーンではなかなか思ったとおりにできず、むずかしいと感じることが多いかもしれません。

接客サービスの役目は「お客さんに満足して帰ってもらう」ことにつきます。そこに楽しさを見いだせるか、やりがいを持てるかどうか。そこが接客業が自分に合う、合わないの分かれ目です。

「お客さんを楽しませるためにどうすればいいんだろう」「お客さんの興味はどんなことにあるんだろう」……

その元にあるのは「人への興味」です。

「この人はどんな人なんだろう」「どこからきたの?」「仕事は何をしていて、趣味は何なんだろう」……

お客さんに興味を持てば、自然に言葉も出てきます。でも、だからといって質問攻めにするのではなく、徐々にお客さんとの距離を詰めていくんです。

回数を重ねていけば、そのお客さんは「あなただけ」の良い顧客になってくれることでしょう。

この記事をみて、「接客って自分にもできそうだな」と思った方がいたらぜひ接客に挑戦してみてください。

当サイトでは、オススメのアルバイト、転職エージェントも掲載しています。ぜひそちらの方もご覧ください。



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笑顔は最高の接客。表情で印象は180度変わる!

肢体不自由者のお客さんを接客するときに知っておきたいこと

【メール接客】返信をスラスラ書くために抑えるポイント

接客には見た目が大事。猫背になってませんか?

「ご利用できます」はNG。接客における正しい敬語の使い方

【接客】お客さんに伝わりやすくなる商品説明のコツ