【接客】あえて商品のデメリットを伝えることで売上アップ

商品の良さを伝えることは誰もができるし、することだと思います。でも、悪い点を聞かれたときってついついはぐらかそうとしちゃいませんか?

デメリットをごまかしても、いずれお客さんは気づいてしまいます。お客さんに納得のいく買い物をしてもらうために、商品の良いところ、悪いところを正直に伝え、信頼される販売員を目指しましょう!

お互いに納得できる接客を!

売上を上げることが販売員の目的ですが、そのために何でもかんでも売ってしまえ!というのは感心できません。

売上成績を上げるために、お客さんに合わないもの、「自分だったら買わないな」と思うものを売ってはいないでしょうか。

販売員には、正確な情報を伝える義務があります。ワイシャツであれば、

店員

店員
正直に申し上げますと、綿素材なので縮みやすく、シワになりやすいです。ですが同価格帯のワイシャツの中では生地の質がよく、着心地にはきっと満足していただけます。

こういった形で伝えてみます。事前にデメリットを話して、その後メリットを話せば、印象もそれほど悪くなりません。伝える順序も肝心です。

また、お客さんには”買わせる”のではなく、あくまで”選んでもらう”というスタンスでいましょう。強制しているように感じさせてしまうと、警戒されてしまいますから。

似た商品があるなら持ってきたり、同じ役割をするものがあるならそれも提案してみて、「選択肢」を与えると、強制感もなくなります。

とくに、より安い商品を提案できると、信頼してもらえます。売上ではなく、お客さん優先でいることが大事です。

評判が良ければお客さんがお客さんを呼ぶ

「買わなくてもいいんですよ」という気持ちを伝えましょう。

顔見知りのお客さんだと、自分の顔を見て、なにか買わなければと思ってくれるお客さんもいます。

面と向かって「買わなくてもいい」と言うのはお店的にマズいですけど、そこまでいかなくても断りやすい雰囲気をつくってみようということです。

このように、お客さんのことを考えて販売していくと、それが周囲の人に伝わっていきます。口コミで店の評判がどんどん広がり、お客さんがお客さんを連れてきてくれるようになります。

常連のお客さんが他のお客さんを紹介してくれたなら、


この間は、大橋様をご紹介していただきありがとうございました。

と感謝を述べることで、さらにお客さんを呼んでくださるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

他社ブランドファンを自社ブランドファンに引き込むアプローチ

【クレーム対応】アパレルによくあるクレーム対応

ネットショップ全盛期に生き残るために、商品知識を身につけよう

【アパレル】お客さんに話しかけるタイミング

アパレル店員が向いている人に共通する資質

【アパレル接客】お客さんに合わせた提案のコツ