【接客】人に好印象をもたれる会話術

あなたはまわりの人に好かれたいですか?そして、そのために努力をしているでしょうか?

特殊な事情があるわけでもなければ、誰しも人に好かれたい気持ちはあると思います。

しかし、具体的にどうすればいいのか。好かれる要素っていろいろですよね。

清潔感、雰囲気、キャラクター……

その中でも接客に繋がる要素として、当ページでは「会話を通じて好かれる方法」をレクチャーしていきます。これは誰でも意識すればできることです。

このサイトでは何回か「雑談のコツ」について書いてきましたが、「相手に好かれている」という基盤さえあれば、小手先の技術は必要無くなります。

好かれていれば、相手は話を熱心に聞いてくれますからね。何を話しても盛り上がります。イージーモードです。

普段の会話を通して、好かれる土壌を耕していきましょう。

会話のなかで好かれるための5つのポイント

むずかしいことはありません。大人なら、「できて当然」かもしれません。今一度基本を確認して、穴がないか確認してみましょう。

あいさつ

あいさつをまったくしない人はいないと思います。でも、毎日顔を合わせていると、だんだんおろそかになってしまうことってありませんか?

「慣れ」は怖いです。基本だからこそ手を抜いてはいけませんよ。


おはようございます!

質問する

質問って相手に興味がないとできません。

相手に関心を持ってもらうには、まず自分から歩み寄ることが大事です。

質問をして、「あなたに関心があります」という姿勢を示してみましょう。

質問の内容も、あれこれ難しく考えず、簡単なもので構いません。

意地にならないこと

ライバルが結果を出しても、それをちゃんと「認める」。

結果を認めてくれるのは気分が良いものです。さらに「ほめる」ことができるなら上出来。


平松さん、さすがですね!

人をほめることを習慣化していれば、自然な嫌味のないほめかたが身につきます。自分がまわりを認めると、まわりも自分を認めてくれますよ。

聞き役になる

人というものはみんな、「自分の話を聞いてほしい」と常々思っています。最近は、カウンセリングでもない、「愚痴聞き」も仕事としてあるぐらいです。

自然と聞き役に回れる人ってあまりいません。会話が始まると、みんな自分のターンがめぐってくるのを虎視眈々と狙っています。

「良き聞き手」になりましょう。それだけで好感度は上がります。

肯定する

すぐ否定してくる人もいれば、肯定してくれる人もいます。もちろん肯定してくれる人のほうが好感度は高いです。

肯定も口先ばかりではいけませんよ。中身のない肯定はバレてしまいます。

反対に、否定も使い方によってはいい効果があります。たとえば、関西人はよく「アホやなあ」と言いますが、これは愛のある否定なのです。その言葉には「君は面白い」「最高だ」なんて意味が隠れています。

他の地方出身の人に言うとたまに誤解されちゃいますけどね。関西人と付き合いのある方は参考にしてください。笑

無意識に否定ばかりになっていませんか?

上の内容とカブりますが、人の発言をすぐ否定する人は嫌われます。私の知り合いにもいましたが、その人とはしゃべっていても楽しくないので、距離をとるようにしました。

「イエスマン」も良くありませんが、「ノーマン」はもっとダメ。頻繁な「ノー」はモチベーションを奪ってしまいます。人のモチベーションを奪うことはビジネスでは罪です。

もし、私が人事をコントロールする立場にあるなら、否定ばかりする人をクビにしていくでしょう。どんなに有能な人であってもです。その人以外が離れてしまわないように。

すぐに否定するクセをもっている人は、口に出す前にいったん考えてみてください。「いや、でも……」って言おうとしませんでしたか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

「上司が苦手」を克服する!タイプ別上司との付き合い方

話題をマンネリ化させない3つの方法

ビジネスシーンで必要な雑談力

初対面の後輩とのコミュニケーション

NO IMAGE

"意識低い系"アルバイトのやる気を出させるには「達成感」

NO IMAGE

部下に仕事を任せるときの4つのポイント