ビジネスシーンで必要な雑談力

ビジネスシーンといっても、今回の記事で想定しているのは、お客さんとの会話ではありません。社員同士の商談だとか、比較的カタイ場面での会話です。

この場面でも要件会話だけではなく、雑談を交えて話すのも大事です。お互い打ち解け、いい雰囲気で取り引きできるほうが良いですよね。

「長く続く関係」を構築できるよう、雑談で良好な空気をつくりましょう。

ただ、むずかしいのは雑談に終始してはいけないという点。話の着地点をコントロールしながら、要件と雑談のバランスをとるように。

まずは自分の緊張をといて準備

人とコミュニケーションをとる場面では、誰しも緊張するものです。あなたも、相手ももちろん少なからず緊張しています。

まずはあなたの緊張をとかないと文字通りお話になりません。

上半身の力を抜いて、ゆっくりと呼吸します。

息を大きく吸い込みながら肩を持ち上げ、ストンと落とす。何度か繰り返せば、なんとなくリラックスしてきませんか?

また、呼吸は吐く息を長く深くすると落ち着きます。

商談前に少し時間を見つけて、やってみましょう。

相手の緊張をとく3つのポイント

自分の緊張を和らげたら、相手の緊張もほぐしてあげましょう。

以下の3つのポイントを意識します。

  • 笑顔

表情や態度で、「私はあなたの味方ですよ」と示しましょう。

「話しやすそうだな」と相手に思ってもらい、ムードをつくります。

  • 軽く質問してみる

だんまりだと話しづらいですね。最初のきりだしかたは、小さな質問をしてみるのがいい方法です。

相手に話をさせると、相手の出方もわかってきます。かるーい質問で良いんです。


ジャケット着るの暑くないですか?

あんまり失礼だといけませんけどね。笑

  • 人間性をちょっと開示する

仕事以外の私生活のことをちらっとしゃべってみます。


最近夏バテ気味でして……

「普段どんな人?」というのがちょっとわかると親近感が湧くし、緊張がとけますよ。

雑談の内容は業界のこと

友だちとおしゃべりするわけではないので、ある程度は話題に制約があります。

いきなり政治とか宗教の話をされても困りますよね。

また、雑談で盛り上がるためには、テーマに共通点がなければいけません。

むずかしく考え過ぎるとしゃべりづらくなるので、ここは業界の話題をネタにしましょう。

取り引き内容にも自然に話を持って行きやすくなります。

ただ、気をつけたいことがあります。事前に相手の会社について知っておく必要がある点です。不祥事だとかの地雷を踏んじゃったらひとたまりもありません。

共通の知人がいたら、話にしやすいですよ。


太田部長ご存知ですよね。この前一緒に飲みに行ったんですけど……

時事ネタなんかもいいです。日経新聞ちらっと見て、一面の記事をネタにするくらいでも。

なんにせよ、なれない内は事前のリサーチが大事です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【接客】人に好印象をもたれる会話術

NO IMAGE

部下に仕事を任せるときの4つのポイント

NO IMAGE

2種類の人間がいるのを知れば、新人の指導には困らない

叱る、責めるのはNG。後輩を育てる上手な注意の方法

NO IMAGE

「上司が苦手」を克服する!タイプ別上司との付き合い方

初対面の後輩とのコミュニケーション