誓約書に効果ナシ?内定後の駆け引きに惑わされないために

企業の中には、内定者に対して何かと束縛してくるところもあります。

内定者への束縛は充実した就職活動の妨げになり、下手に断ることもできず、非常に厄介です。

縛りを回避するためには、ある程度知識を頭に入れておく必要があります。

この記事では、内定に関する知っておくべき知識を紹介します。

誓約書を書かされても拘束力はない?

内定者の辞退を防ごうとして、正式に内定する前に誓約書を書かせようとする企業があります。

「早く書け」と迫られるようであれば、とりあえずは書いてしまっても大丈夫です。その際、誓約書の内容はきちんと把握しておきましょう。

入社の誓約書を書いたとしても、内定辞退はできます。

入社後に退職の自由があるのと同じように、内定者にも辞退する自由があります。

しかし内定をずっとキープし続けるのも不誠実です。断る場合は、他の就活者のためにも早めに申し出るようにしましょう。

「他社を辞退したフリ」もやむなし

内定と引き換えに、進行中の選考を断らせたり、他社の内定を辞退させようとしたりなど、取り引きを持ちかけられることがあります。

このような場合には、「辞退するフリ」をして内定を受け取り、こっそり活動を続けることもある程度仕方ありません。

内定辞退者が出ることは企業側も計算済みのはずです。

他社への就職を決めたらすぐに連絡を取って、内定辞退を申し出る、そうすれば問題はないと考えられます。

入社前研修の強制はできない

研修は本来、入社後に賃金を支払った上で行われなければなりません。

正式な社員ではない段階で研修があっても、行くか行かないかは基本的にあなたに決める権利があります。

最初から合意があれば別ですが、入社前研修に参加することを強制はできず、参加しなかったからといって内定を取り消すこともできません。

もちろん行くこともできます。早く仕事を覚えて周りに差をつけたいと考えるのならば、足を運んでみても良いのかもしれません。

賠償を払えと言われても無視していいの?

採用活動にはお金がかかるものですが、それは会社が負担するべきお金であって、転職者や学生が払う必要はありません。

何人か辞退する人が出ることは、会社側も計算しています。

たとえ賠償を請求されても、裁判ではほぼ認められることはありませんので安心してください。

裁判沙汰になりそうなら、労働局など、相談できる機関にまず相談してみましょう。

内定辞退を迫られてもすぐに受け入れない

内定の取り消しはよほどのことがない限りできません。

内定前研修で「気に入らなかったから」などとと言っても、取り消しは不可能です。

そんなとき、場合によっては自主的な辞退を求めてくることがあります。

その求めを受け入れてしまうと、自分から内定を辞退したことになり、非常に不利です。

すぐには受け入れず、相談機関に話をしてみましょう。

まとめ

  • 誓約書を書いても内定は辞退できる
  • 他社の内定を辞退させられそうになったら、「辞退したフリ」をするのも手
  • 入社前の研修に参加するかは自由に決めることができる
  • 辞退後に賠償を求められても応じる必要なし
  • 自主的な内定辞退を迫られてもすぐには受け入れない

 

内定者を縛るのは、会社の労働環境に自信がないことの現れであるとも考えられます。

人数を確保しておいて、「何人か辞めても仕方ない」と思っているのかもしれません。

あまりにも束縛が多いのなら、就職活動をやり直してみることも考えましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておかないと不利になる求人募集要項のチェックポイント

退職後の転職活動。失業給付はどうやったら受け取れるの?

接客からの転職。接客スキルは活躍の場を広げる大きな力になる

希望するキャリアを手に入れるために意識すべきこと

アパレル接客販売員がキャリアアップしていく方法を解説

契約社員として働く前に知ってほしい3つのこと