転職を常に自分の選択肢に入れておくべき3つの理由

転職を考えたことはありますか?

少し前よりも転職は一般的になってきましたが、それは一部の「デキる人」だけで、まだまだ浸透しきっていないように思います。

 

もったいない!

転職は、今まで気づかなかったあなたの可能性を、何倍にも広げてくれます。

現在は転職のサービスも発達しており、すごく敷居が低くなっているのでチャンスです。

今すぐしようとはいいません。ですが、未来のことを考えれば、転職は「理想の生活」を手に入れるための切り札になります。

このページでは、すぐ行動はしなくても、「いつでも転職は頭に入れておくべき」な理由をあげていきます。

転職を考えていないあなたも、したいと思っているあなたも、一度立ち止まって将来について考えてくれたらと思います。

一.スキルを身につけることが本当の安定につながる

大企業だから……と安心していられないのが現代の日本社会です。

海外企業のスピード感、環境の変化についていけず、有名企業でさえも簡単に経営状態が落ち込んでいます。

また、「オリンピック前は景気は良くなっていくが、その後は一気に景気が落ち込む」とされています。

今後の景気は不安定であり、会社にも何が起こるかわかりません。

なんの技術も身につかないルーチンワークで日々を消化してはいませんか?

会社の状態に左右されない、自分だけのスキル。

これが未来を生き抜くために最大の武器になります。

「この職種がしたい!」と会社に直接要求することもひとつですが、その要求が通らないこともしばしばあります。

理想のスキル、またそれを得るためのポジションを手に入れるには、転職が必要となることも多いです。

スキルが身につけば引く手あまたとなり、ひとつの会社に頼ることなく生きていくことができるでしょう。

二.思わぬリストラにも対応できる

若い人は「リストラなんてまだ自分には関係ないよ……」と思うかもしれませんが、のんきに考えていると痛い目を見るかもしれません。

若手でも、ある日突然にリストラを言い渡されることはありえます。

社員の育成には意外とお金がかかるものですから。

大量リストラの前兆となるのは、徹底的な経費の削減です。

経営がピンチになっていきなりリストラでは混乱や非難を生むので、会社は徐々にお金を節約していきます。

外注業者に協力を依頼するようになったり、管理費のカット、役員報酬の削減などが最初に行われます。

そして最後の手段として、会社は人件費のカットに手を出してしまうのです。

会社の周りで大胆なコストカットや、ボーナスの削減などが行われているなら、転職の準備をしておいて損はありません。

三.純粋に「いい仕事」が見つかる可能性が高い

新卒のときには、「なんとなく」で仕事を選んでしまう人が多いと聞きます。

それもそのはず、学生の頃には仕事に関しては誰も教えてくれません。

具体的な業務内容が自分に合うかどうかがわからないので、「理念」や「社会貢献性」に共感できるかどうか、そういった実務に関係のない点が会社選びの基準になりがちです。

そんな中で就職先を選ばなければならないのですから、一発で満足できる「アタリ」を引くことなんてごく一部の人にしか出来ません。

 

でも、今のあなたはどうでしょうか?

何年か実務の経験を積み、自分の適性、好みについて把握できた頃ではないでしょうか。

また、社会の仕組みがある程度頭に入り、「このポジションに就きたい!」と目標が見え始めたのではないかと思います。

その状態で行う転職活動は、新卒の就活と比べてかなり質の高いものとなります。

判断基準がしっかりと自分の中にあるあなたなら、きっと満足のいく会社に入ることができるでしょう。

転職前には情報収集を

理想の職場を手に入れるためには、情報収集がかかせません。

とくに、「働く人たちのリアルな声」は自分の経験と照らし合わせておく意味でも重要な情報です。

しかし、漠然とネットや本を参考にしても見つかりにくい……

とりあえずは「キャリコネ」に登録してみてはいかがでしょうか?

10万件の企業口コミ。キャリコネ

質の高い転職サービスに加えて、年収や勤務体系といった転職に関するマストな情報を、実際に働く人たちの口コミから知ることができます。

自分の働いている企業のページを見て、同じ業界の他の企業と比べてみるのも働き方の良い参考になりますよ。



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の価値がわかれば転職は成功する

誓約書に効果ナシ?内定後の駆け引きに惑わされないために

ブラック企業をどう見分ける?情報の集め方

契約社員として働く前に知ってほしい3つのこと

接客からの転職。接客スキルは活躍の場を広げる大きな力になる

希望するキャリアを手に入れるために意識すべきこと