電話で受け答えするときにNGな敬語、あなたも使ってない?

電話応対の上達には段階があります。

  1. まず電話のときに緊張を無くす、慣れるための段階
  2. 電話応対に慣れてきて、言葉遣いが気になってくる段階
  3. だんだん実力がつき、自信もついてくる
  4. もう完璧!(人に教えられるレベル)

敬語表現が気になるあなたは、少しずつ業務に慣れてきて、次のステップに進みたい!と思っているのではないかと思います。

今回の記事は、電話応対で使ってしまいがちなNG敬語について、です。

この記事で扱っている表現以外にもまだまだあるのですが、今回は「ありがち」なものに絞って紹介していきます。

正しい表現ももちろん紹介しているので、よければ最後まで目を通してみてください。

〇〇様はいますでしょうか?

その人がいるかどうかの確認は「いますでしょうか?」ではなく「いらっしゃいますでしょうか?」が正解です。

または、「いらっしゃいますか?」でもOKです。


北村様はいらっしゃいますか?

申されました件については……

「申す」は謙譲語なので、自分の行動に対して使います相手の行動に言及するときに使うのはNGです。

この場合は「おっしゃいました」を使うようにしましょう。


先ほどおっしゃいました件ですが……

ご苦労様です

「ご苦労様」は目下の人に対して使う言葉です。取引先などに使ってしまうと失礼にあたります。

相手にねぎらいの気持ちを伝えるなら、「お疲れ様です」を使うのが無難です。


それでは、お疲れ様です

お名前を頂戴できますか?

「頂戴」は物に対して使う言葉なので名前や住所、電話番号を聞くときに使うのは正しくありません。

少し長くなりますが、「教えていただけますでしょうか?」とたずねるほうが良いでしょう。


お手数ですが、お名前を教えていただけますでしょうか?

誰にお繋ぎしますか?

電話で取り次ぐ人の名前を聞くときは、「誰」ではなく、「どの者」を使います。


先日の件ですね。どの者にお繋ぎしますか?

どんなご用件ですか?

「どんな」よりも「どのような」を使うのがビジネスでは正解です。


お世話になっております。本日はどのようなご用件ですか?

してください

「してください」というのは命令になります。

例えば電話をかけてほしいことを伝えるなら、「電話してください」よりも、「お電話ください」と伝えましょう。


お気軽にお電話ください

たぶん……だと思います

仕事であいまいな言葉を使うのは誤解のもととなるのでNG。

「〜の予定になっております」と言ったほうがビジネスでは好印象です。


佐藤は4時に戻る予定になっております。

最後に

電話に限らずですが、ビジネスの言葉遣いでよくある間違いといえば尊敬語と謙譲語の間違いですよね。

同じ会社の人間に対して尊敬語を使ってしまったり。(「部長はまだいらっしゃいません……」)

お客さんの行為に謙譲語を使ってしまったり……。(「お客様が申されましたのは……」)

こうしたミスを防ぐには、正しい言葉遣いを覚えるのはもちろんですが、「会社の人間は家族と同じ扱いをする」ということを覚えておきましょう。

母親に「いらっしゃる」なんて尊敬語を使うのは不自然ですよね。

すぐにこの考えを頭に覚えさせるのはむずかしいですが、日頃から気をつけていれば徐々に改善されるはず。

最初は誰でもミスをするもの。敬語の表現を覚えながら、少しずつ自然な敬語を使えるよう努力していきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会人なら誰もが知っておきたい電話応対のキホン

仕事先で携帯電話を使うときのマナー

「少々」は大体30秒以内。トラブルを未然に防ぐ電話対応のコツ

NO IMAGE

クレーム電話を受けるときに意識しておきたいコツと挨拶からの流れ

NO IMAGE

電話対応のあるある、「相手の名前が聞き取れないとき」の対策

NO IMAGE

これでバッチリ。ビジネスシーンでの電話のかけ方