飲食接客の言葉づかいその2。注文から料理の到着まで

注文を確認するとき

一通り注文を聞いて、内容の確認を終えた後です。

店員

店員
以上でよろしいでしょうか?

シンプルに「よろしいでしょうか」と聞けば問題ありません。丁寧な表現を意識しすぎて言葉を盛りがちですが、それが良いとは限らない場面もあります。

「よろしかったでしょうか」と過去形のように聞くのは間違った言葉遣いです。これはよく使われているのを耳にしますが、誤りなので気をつけてください。

また、同じく使われがちですが、「お間違いないですか」もお客さんの間違いを指摘するような言葉なので控えましょう。

丁寧に言葉を選んでいるつもりでも、逆効果になることもあるのです。

料理を出すのに時間がかかるとき

店員

店員
申し訳ございません。お出しするのに30分ほどお時間がかかりますが、よろしいですか?

時間がかかる料理は事前に目安の時間を伝えましょう。できれば時間がかかる理由を添えることで(一つずつ釜で焼き上げていますので……など)、「それだけ手がこんだ料理を出している」と、良い印象を与えることができます。

すでにいくらか待たせてしまっており、お客さんから「遅いよ」と指摘されることも多々あるでしょう。

店員

店員
ただいまお作りしておりので、あと10分ほどお待ちいただけますか。

ある程度は余裕をもった時間を伝えておきましょう。ギリギリの時間を伝えてしまうと、そこから遅れたときにさらにイライラさせてしまいます。

普段からあらゆる席に目を配って、「遅い」と言われる前にお客さんに声をかけるのが理想ですが、なかなかそう上手くはいきません。時間がかかるメニューのときは、なるべく事前に、余裕を持った時間を伝えましょう。

料理を席に運ぶとき

店員

店員
こちらがデミグラスハンバーグでございます。
店員

店員
お待たせいたしました。デミグラスハンバーグでございます。

どちらのフレーズでも構いません。「です」ではなく、さらに丁寧に「ございます」を語尾につけます。2つのうち言いやすいほうを選べばいいですが、「お待たせいたしました」をつけたほうが、よりお客さん目線の言葉づかいなので好印象です。

あと、「こちらがハンバーグになります」という表現はよく耳にしますが、これはNG。「〜になります」は「ネコがタヌキになります」という風に変化を示す言葉なので、よくよく聞くと不自然です。

料理の説明をするとき

コース料理を出している店だと、その料理に使っている食材や、食べ方などを説明する場合があります。

料理の特徴を丸覚えしたような単語のたれ流しは、聞いていて分かりづらいし、説明が長くなって料理も冷めてしまいます。説明はできるだけ短くまとめ、スムーズに。

また、お客さん同士の会話の邪魔にならないように、おしゃべりが途切れたときを見計らって説明に入るようにしましょう。

 

 

その2から見始めた方は、その1もありますのでどうぞ。

まずは人数確認 飲食店で、一番最初にお客さんと会話するのは人数確認のときです。したがって、店の印象を決める大事な声かけになります。表情にも気を...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲食店でよくある異物混入クレームの対応方法

飲食接客の言葉づかいその1。来店から案内まで

お客さん同士で起きるトラブル、手を出しすぎると痛い目にあうかも

飲食店へのクレーム、「まずい」には謝るべき?

自店舗の料理で腹痛?一人でできうる限りのクレーム対応